花柳純郎の公式ホームページです。

TEL.0248-94-7117

〒962-0024  福島県須賀川市稲荷町59

08月

日本舞踊ココロの教室 第四回郡山教室開催✨

「日本舞踊ココロの教室」第四回郡山教室を開催いたしました。今回は須賀川教室からの

振り替え参加もいただき、7名での開催となりました!振り替えもできますよ!

と初めにお話をしてはいましたが、普段と違うメンバーの中に入るのは大人でもドキドキするもの。

そんな中、振り替えをしてまでご参加いただけた事がとても嬉しく感じました!

 

 

着付けもみるみる上達していき、15分もかからず着付けが出来るようになってまいりました!

 

 

真剣な表情の中にも、はじめでは見る事の出来なかった笑顔や、余裕の表情も少しずつ

見れるようになってきましたよ!

 

 

そして、他教室同様、お母様と一緒に微調整をしたり(^-^)

親子で一緒に頑張っていただけているのかなぁなんて勝手に思い、嬉しくなっています(笑)

 

 

お辞儀の仕方も基本を覚え、微調整の段階へと移行しました。

一つ一つ、確認をし、考えずに動けるようになるまで、後は反復するのみ!

 

 

歩き方、片足でバランスをとることも含め、最終段階へと入っています!

郡山教室でも、目を閉じて片足立ちをする段階に挑戦しています。

子供さんの本当に凄いなと思う所は「想像力」ただ目を閉じて片足立ちをするのと、

「身体の中心をイメージすること」を「かかし」に例え、自分が

かかしになったつもりで立つんだよ!と説明をした後では、ガラッと変われるところが

本当に驚かされます!

 

 

最終目標は、「両足とも目を閉じての片足立ちを10秒以上出来るようになる事!」

とはお話をしましたが、この調子だとあっという間にみんなクリアしてしまいそうです(^-^)

そして、誰より楽しんでしまっているような私もしっかりと撮られてしまいました(笑)

 

 

「花ばたけ」も最後まで到達し、しっかりと覚え、丁寧に動く事を心掛ける段階へと突入しました。

「さくら変奏曲」は繰り返しの部分を皆さん覚えた様子なので、これからの発表に向け、

フォーメーションなど、見た頂くための段階にも突入してまいります!!!

 

 

実は、この事業の中で私がとても大切にしていきたいと考えていることがあります。

 

それは「一度でも多く参加者の皆さんが笑顔になれること」

 

今回の事業は、日本舞踊の基礎はじめ、着付け、日本の心を親子で学び、

発表することを親子で体験することにより、日本舞踊の普及、文化の継承を目的とするとともに、

地域の新たなコミュニティの創出するという、ちょっと難しく聞こえてしまうようなことを

目的として始まりました。しかし、どんなことを学ぶとき、挑戦するときでも、

とても大切なことは、楽しむことだと私は思っています。というより、

そう考えどんな事も楽しんで挑戦する人になりたい!と私自身が思っております。

人見知りなお子さん、引っ込み思案なお子さん、何か自信が持てないお子さん、

など様々な方も少なくないと思います。そんな私も、恥ずかしながらついつい

自信が持てなくなってしまったり、悩み、引っ込み思案になってしまう事も少なくありません。

だからこそ、「一緒に楽しみたいんです!」どんな事も進んで楽しめるようになりたいし、

なっていただきたい!まもなくこの事業も折り返し地点に到達します。

「一度でも多く皆さんが笑顔になれること」

最後に「日本舞踊って楽しいね」「何かに挑戦するって楽しいね」と言っていただけるよう

私も頑張っていきますので、これからもっと難しく感じてしまう事もあるかもしれませんが、

みなさん「笑顔」を大切にいい思い出となるよう頑張っていきましょうね\(^o^)/

日本舞踊ココロの教室第4回目✨

お願いします

 

 

第4回目長沼教室始まります♪

背筋を伸ばし、顎をひいたまま<m(__)m>

良いカタチになってまいりました✨

嬉しい限りです♡♡

 

きれいになってきた子供たちのお辞儀を見ると

見ている私たちも身が引き締まります

どうやら保護者の方もそのようです

 

今日もまた

準備体操をかねて…

歩き方から

 

 

みんなの懸命な姿。

心の内面がカタチとなってゆきます

 

 

一人、一人の丁寧な気持ちがみんなを変える

 

 

「握る」

まだまだ小さな子供たちの手にはお扇子を握ることは難しい。

でもみんな講師の純郎の姿を見ながら懸命に

少しくらい難しくても投げ出さずに真似てくれます

子供たちの集中できる時間も少しずつ長くなってきました

 

ここで少し一息=3

「せーのっ」

 

 

お扇子の宙返りはみんなにはゲーム感覚

「おっ!!お家で練習してきてくれた様子♡」

みんなきれいにくるり🌀宙返り

簡単なようで実は難しいものです

 

第4回目となりました長沼教室

緊張も解れてきたのか

何かが違う!!

見て、聞いて…感じながら真似ることに

だんだん練れてきた様子

スムーズに踊ることが出来ました!!

もちろん着付けもスムーズ

今日の着付けの時間は10分

私達が驚きです!!

 

 

解けにくい結び方もできてきました!

お稽古の度に成長を感じます。

これからがますます楽しみです♡♡

記♡あやみちか

日本舞踊ココロの教室 第四回須賀川教室開催

お盆も終わり、息子たちの夏休みもあと数日となり、夏も終盤戦?なような感じになってきましたが、

先日、「日本舞踊ココロの教室」須賀川教室の第四回目を開催いたしました!

お弟子さん方のお盆休みも終わり、また新たなスタートを迎えるような気分だったため、

ご報告が遅くなってしまいました(^^;

 

お盆休み明けという事もあり、今回は3名での開催となりました。

いつもは10名を超える人数での開催でしたので、ご参加いただいたお子様はじめ、

保護者の方もいつもとは違った雰囲気に少し戸惑われている様子でしたが、

3名とも一生懸命お稽古をすることが出来ましたよ!

 

 

着付けも少しずつスムーズになりました!そして何よりも嬉しかったのが、保護者の方が

着付けを覚えてくださっていたこと!お子さんが「あ~かなぁ?こ~かなぁ?」なんて言えば

お母様が「こうやるんじゃなかった?」お母様が「あれ?どうだった?」と言えば、お子様が

「純郎先生はこうやってたよ!」と言っていたりと、とても微笑ましい姿を拝見することが出来ました!

 

私がこの事業で掲げていた目標の中に「お子様が自分で着付けを出来るようになる事」と同時に、

着付けというものを通し「親子で新しいことに取り組み、触れ合える瞬間を作る事」というものが

あったので、これは本当に嬉しいことでした!

 

 

お扇子を頭に載せ歩く動作も、少しづつですが確実に上達している姿をみていると、

本当にお子様方の成長の早さに驚かされます!これまで4回というお稽古の中で毎回

書かせていただいていることなのですが、吸収力もさることながら、難しいことへの挑戦も

「楽しいこと」に変えられるお子様たちの力が皆さんの上達を後押ししているのだと私は思っています。

 

 

これまでのお稽古の中で、お扇子を頭に載せ、片足立ちをするというものにも挑戦してきましたが、

これもまたもの凄く上達しています!本当に歩いていても、片足立ちになっていてもお扇子を

落とさなくなりました!いよいよこの練習に関しては最終段階へと移行をさせていただきましたよ(^-^)

どんな内容かというと、お扇子を頭に載せ片足立ちするところまでは一緒ですが、最後は目を瞑ります!

普通に目を瞑って片足立ちをするだけでもふらつくものを、お扇子を頭に載せることによって、

より一層難しくなります。

 

 

この事業にあたり私が掲げていた目標の中に、

 

日本舞踊を通し「集中力」「リズム」「バランス」を感じ、学ぶこと。

 

というものがあります。皆様ご存じの通り、日本舞踊は音楽に合わせ、決まったカタチ、

決まった動きを、身体全身を使い表現します。その中でも大切なのが体幹を中心とした

身体の使い方となるのですが、自分自身の心、身体を自在にコントロールするための第一歩として

この目を瞑った片足立ちを私の教室では挑戦をしていただくようにしているのです。

それを今回の事業へ参加された方々にも挑戦していただいたのですが、はじめは出来なかったのに、

お子様はあっという間にコツをつかんでいくんですよね!これは本当に凄いことだと思います!

もし宜しければ、皆様も目を瞑って片足立ちをしてみてくださいね!不思議と心が不安になったり

するだけで体はふらついたり、安定させようと力を入れれば逆にバランスを崩してしまったりと

難しいんです!

ポイントは「身体の中心をまっすぐに保つ事、無駄に力が入らないようにリラックスする事」ですよ!

 

 

最後はいつものように「花ばたけ」「さくら変奏曲」に挑戦をし、お稽古を終了しました!

これから各教室とも中盤戦に入ります。ここから、日本舞踊の基礎だけではなく、

ココロのお稽古なども含め、お稽古をしていくにあたり、難しいこと、大変なこと、

慣れないことが少しずつ増えていくことと思いますが、少しでも一緒に楽しみながら学んでいけるよう、

私どもも頑張っていきますので、一緒に楽しんでいきましょうね!

日本舞踊ココロの教室 第三回 須賀川教室開催

「日本舞踊ココロの教室」須賀川教室も第三回を迎えました!今回は10名での開催となりましたよ!

三回目を迎えたこともあり、少しずつ難しくなっていく内容に、さすがのお子さん達も今回

「難しい」という声が聞こえました。それでもみんな最後まで一生懸命頑張りましたよ!

 

 

まずは着付けから!みんな自分から進んで着付けをはじめ、少し教室の空気に慣れてきた様子でしたので、

須賀川教室でも他教室同様、少し難しい結び方に挑戦を始めました。みんな首をかしげながらも、

一生懸命工夫し、着物を着て帯を結んでいきます。こんな笑顔を見せられちゃったら頑張りますよね!

 

 

必ずお浚いする歩き方、こちらの教室も三回目ともなると他教室同様お扇子を落とす回数がものすごく

減っています!というより落とさない(^^;

ということで次のステップへ移りました!落とさないが出来たら次は「揺らさない」です。

この「揺らさない」実は姿勢、体の使い方、もさることながら、イメージがとても大切です!

大人の方は頭をかしげることも多いのですが、さすがお子さん達わ想像力もとても豊かで、

私が「心の手で動かないように抑えてあげて」と言っただけで難なく出来ちゃいました!

本当に凄ですねぇ。あとは忘れないよう繰り返すのみ!

 

 

回を重ねるにつれ、笑顔だけではなく、悔しい顔、悩んだ顔など様々な表情を皆さん

見せてくれるようになってきました!悔しい顔、悩んだ顔が見れるようになったと聞くと、

やっぱり難しいんだ。や、つまらないんじゃない?なんて言われることもあるんですが、

私はちょっと違った角度から見せていただいています。

 

 

確かに、出来ない。難しい。のようなマイナスともとれる表情ですが、初めてお会いした時は

緊張からかそういった感情すら感じられないほど無表情になってしまう事が少なくありません。

という私も、緊張から無表情になってしまったり、感情を表に表すことが出来なくなる

タイプでして・・・

そんな私から見れば、どんな表情でも、感情が表に出せるようになってきたという事は

とても良いことなんです!

 

 

今回、改めてお扇子の扱いを説明させていただいた時も、わからない子は声をかけてくれたり、

「わからないなぁ」など悩んでいる表情を見せてくれたりしました。すると、私たちもすぐに

見つけることが出来るし、説明をすることもできるんです!日本舞踊は様々なものを表現します。

ものを表すだけでなく、自分自身の感情、役の感情など、カタチのないものを表現することが

たくさんあるんです!そんな中、緊張などから無表情になるのではなく、自分自身を

表現してくれたことは私にとって、とても嬉しいことなんです!

 

 

課題曲の「花ばたけ」先ほど習ったお扇子の持ち方を気にしながら真剣な眼差しで挑戦を

してくれています!はじめは誰だって上手には出来ないもの、それでも出来るために

 

少しずつ少しずつ、諦めずに前に進み続ける事。

 

日本舞踊に限らず、どんな事にも大切なことだと思います!

 

 

今回の事業で嬉しいことの一つに、まだ多くのお子さんが諦めずにお稽古に通い続けて

くれていることがあります。これは参加者の皆さんが、真剣に和の文化をはじめ、

日本舞踊に取り組もうとしてくれているからだと思っています。

第一回目を迎えるまでは、本当にみんなが来てくれるのかが心配で、

二回目の開催では、また来てくれるのかが心配で、そして三回目を開催することが出来ました。

 

 

本当に子様方が大変なのはこれから終了までの期間だと思います。次第に動きやカタチも複雑になり、

課題曲を二曲覚え、「難しい」「出来ない」の壁にぶつかっていくのだと思います。それでも、

こんなに真剣に挑戦を続けてくれているお子様たちに、日本の文化や日本舞踊の楽しさ、

面白さを伝えていけるよう、お子様方がそれぞれに自分に合った楽しみ方が見つけられるよう、

私自身出来る限りのサポートをしていきたいと思っております。

これから、たくさん難しいことが増え、嫌になってしまう事もあるかもしれないけれど、

私たちと一緒に「小さな成功」を一つづつ重ね、楽しい思い出を作っていきましょうね!

 

 

日本舞踊ココロの教室 第三回郡山教室

先日、「日本舞踊ココロの教室」第三回 郡山教室を開催いたしました!

今回は2名での開催となりましたが、また驚くべき進化を見せてくれましたよ!

その驚きの進化とは着付けの速さ!!!今回は10分で着ることが出来ました(^-^)

まだ三回目ですよ!?あっという間に紐の結び方を覚え、凄いですよね!

あまりの速さに、これまでは帯の結びも簡単なものを教えていたのですが、

少し難しい分、しっかりと締まる結び方まで説明させていただきました!凄いですよね!

「日本舞踊ココロの教室」では簡単に着れる!だけを目標にしていたので、

この結びは考えていませんでしたが、嬉しいですね!どんどん慣れて、

今年のお祭りには是非浴衣で参加してくれたら嬉しいです(^^♪

 

 

既に私のブログでは恒例となりました、お扇子を頭にのせての所作の練習から!

練習というより明らかにみんな上手になって今では準備運動みたいになってますが、

本当にお扇子を落とさなくなりました!そろそろ次のステップに移ろうかなんて考え中です!

 

 

次のステップというのは、姿勢、見た目という部分をより追加強化していく内容です!

はじめは頭にのせて落とさぬよう注意をします。当然、はじめに姿勢なども練習しますが、

はじめから全てを上手にこなすのは難しいです。こちらも当初はこの教室が折り返しの段階から

挑戦していこうかなんて考えてました。が、予定より早く安定してきましたので、嬉しい前倒し♪

 

 

お扇子の扱いについては、少してこずるところもありますが、この笑顔(^-^)

難しいことにも笑顔で挑戦し出来るまで頑張る!この取り組む姿勢を見習わねばと

毎回どの教室をやっていても思わされます^_^;どんなことでも楽しいことに変える力を

お子さんたちは持っているのでしょうね!

 

 

真剣な表情、うまくいかなくて悔しい表情、悩んだ表情を覗かせることもあるけれど、

必ず最後は笑顔なんです!これってなかなか出来ないことですよね?

それだけ真剣に向き合ってくれているからこそ、最後は「出来た!」のとてもいい表情を

見せてくれているんだろうなと思い、とても嬉しく感じます。

 

 

課題曲の「花ばたけ」二回のお稽古で最後まで到達し、すでに7割くらいは覚えているのかな?

なんて前で踊っていると感じます。不思議と感じるんですよね。不安で目が離せず、

私の動きについてくるだけで必死な感じと、次の振りが何となくわかっていて、

答え合わせ程度に私を見ている感じはやはり違います!覚えの速さに、今度私が覚え方を

習いたいくらいだなんて思ったりもしています。

 

 

ちょっと難しいことに挑戦してもあっという間!普段私はお弟子さん方のお稽古の時に

 

「工夫したことを、気にしたら気にした分だけ上手になる」

「10回工夫したら、その回数分間違いなく上達するから根気強く諦めないことが大切」

「小さな成功をコツコツ積み重ねましょう!」

 

なんてお話しさせていただくのですが、お子さんたちは時に信じられない速さで上達するんですよね!

きっと私たちが頭でゴチャゴチャ考えてしまうようなことも、肌で感じ、感覚的につかめて

しまうんでしょうね。皆が一生懸命だから、次々上達していくのを見せていただけるのが嬉しいから、

もっともっと楽しみながら上達していってもらえるよう、私たちも色々と頑張っていくので、

一緒に頑張りましょうね!!!

日本舞踊ココロの教室 第三回長沼教室開催

「日本舞踊ココロの教室」第三回長沼教室を開催いたしました。今回は4名のご参加での

開催でしたが、一生懸命頑張る姿と、たくさんの笑顔を見せてくれましたよ(^-^)

そして、今回は前回、体調を崩されていたお子さんも参加してくれました!

元気な姿を見ることが出来て本当に良かったです!!!

 

 

お稽古の始まりは、まず使うお扇子を選ぶところから始まります。洋服も自分が

着たいものを着ているときって、それだけで気分が違ってきますよね。

ですから、数あるお稽古用のお扇子から自分が使いたいものをまずは選びます。

 

 

今回の教室は、「姿勢」「バランス」「お扇子の扱い」を中心に課題曲「花ばたけ」に挑戦しました!

最近、私が読んだ本に昔から、日本人の生活は自然と「丹田」を意識し、鍛えることが出来る

スタイルだったと書いてありました!だから「日本人は肉体的にも精神的にも強い一面を持っていた。」

とありました。確かに「腹を据える」という言葉をはじめ、丹田のあたりにちなんだ言葉が

たくさんあるような気がしませんか?今回は、その「丹田」を中心とした「姿勢」、「動き方」、

「バランス」をお稽古しました!はじめはグラグラと揺れていたお友達も徐々にコツをつかみ

安定していきます!実はこの片足立ちの練習、私なりの考えがありまして、自分自身の身体に

意識を集中する為に実施しております。

 

 

日本舞踊では、音楽に合わせ、全身を使いながら情景や感情を表現していきます。

「振り」を覚え「音楽を聴き」「身体を動かす」これってなかなか難しいことなんですよね!

しかもいいカタチや美しい動き、などと意識をしていくとなおさら難しく感じてしまうものなんです。

そこで私が大切にしているのが、いかに自分の身体と向き合い、声を聴き、自分に合った方法を見つけるか。

自分の身体をいかに自在に操るかなんです!そのために、片足立ちをすることによって、自分の身体に意識を

集中させることが大切な一歩になると考えているわけです。

 

 

不思議と手を合わせる男の子。「自分の身体に意識を集中して」と言ったらこの形に到達しました(^^;

隣の男の子は両手を拡げバランスをとっていますね!

最近、心や脳を鍛えたり休ませたりするのに効果があるといわれ海外で人気のマインドフルネスや、

根強い人気のヨガなどもこの「丹田」を中心とした意識の元、今この瞬間に自分自身に意識を

集中させるというものだそうで、とても日本舞踊と似ているところがたくさんあります!

みんなが何かに一生懸命になった時、この教室を通し体験し、学んだことが少しでも役に立ったらいいな。

なんて思いながらお稽古をさせていただいております。

 

 

次に、お扇子の扱い方をお稽古しました。笑顔もあれば、こんな真剣な眼差しで取り組んでくれるこの姿に

いつも刺激をいただきます。一つ一つ私の話を聞きながら、見て真似て、自分との違いを探し、修正する。

大人でも苦労することを、お子さんたちは驚くべき速さの吸収力で自分のものにしていきます。

 

 

普段の生活の中で正座をしながら何かに挑戦する機会は減っていると思います。私自身、自宅に帰ってから、

このブログを書いているときですら、正座をしているわけでもありません。それでも、みんな正座をして、

姿勢に気を付けながらお稽古をする姿。本当に凄いことだと思います。

 

 

様々な表情を見せてくれるお子さん達に私たちが元気をもらい、たくさん学ばせていただいています。

出来ないこと、難しいことにも諦めず挑戦し続ける皆さんは本当に凄いです!

これからも、みんなの「出来た!」が一つでも多く増えるよう、

そして「出来た!」の笑顔に一回でも多く出会えるよう私も頑張っていきます!

 

 

皆さん一緒に頑張ろうね!!!