花柳純郎日本舞踊教室の公式ホームページです。

TEL.0248-94-7117

〒962-0024  福島県須賀川市稲荷町59

ブログ
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

第七回を迎えた日本舞踊ココロの教室

第七回日本舞踊ココロの教室を開催いたしました。

厳しい暑さが続いておりますが、皆様は体調など崩されたりしていませんか?第七回目を迎えた日本舞踊ココロの教室も、体調不良や様々なイベントと重なりいつもより少数での開催となりましたが、皆さん一生懸命発表会へ向けて頑張りました!

 

午前中の郡山教室では、私がレンタルの浴衣を入れ間違うという致命的なミス(-_-;)参加者お子さんを不安にさせてしまうという最悪のスタートとなってしまいました。ご不便をお掛けした参加者のお子さん、本当に申し訳ございませんでした。以後このようなことがないよう細心の注意を心掛けてまいります。

 

 

刻々と迫る発表会へ向け、保護者の方々の不安も高まる中、お子さん達はいつも元気な笑顔で私たちの不安も吹き飛ばしてくれます!この教室の始まった当初よりは間違いなく色々なお話もしてくれるようになりました!

 

 

課題曲の一曲目「さくら変奏曲」もフリから音に合わせ動く事もフォーメーションもまた自分達で動けるまでになりました。

 

 

課題曲二曲目「花ばたけ」は驚くほどのスピードで皆さん覚えちゃいました!お子さん達の集中力、爆発力は本当に凄いんです!大人の不安もどこ吹く風。どこかにやる気のスイッチがあるんでしょうね!是非、教えていただきたい。

課題曲の三曲目も終盤に入り、皆さんの頑張りを見ていると次回のお稽古で八割方出来上がるのではないかと考えています。

 

 

お稽古が終わった後も、お扇子に興味津々な皆さんとお扇子を使って少しだけ遊んでみました!

 

午後の須賀川教室もまた、少人数での開催となりましたが、皆さん頑張ってお稽古しましたよ!

 

 

浴衣の着付けもお手の物!これで来年からは自分で浴衣を着つけてお祭りや花火大会にも行けますね(^^)

 

 

少し時間があったので開始時間までみんなでこのブログを見ました!皆さん写真の中から自分を探して見つけては嬉しそうな、恥ずかしそうな表情を見せてくれました!

 

 

課題曲の「さくら変奏曲」も郡山教室同様、自分達で踊れるだけでなく、フォーメーション、立ち位置なども気にすることが出来るようになって来ました!

 

 

全員そろってのフォーメーションはお稽古が出来なかったけれど、今回参加した皆さんが次回、他の皆さんを引っ張っていってくれることと思います。

 

 

課題曲の二曲目も自分達で動けるようになり、あとは一人一人が自信をもって動くことが出来れば・・・という段階となっております。

水分休憩などをこまめにとりながらのお稽古ですが、休憩中は笑顔も見られ、大変和やかな雰囲気になってきていますし、いざお稽古が始まると皆さんとても真剣な表情でお稽古に励んでいます!

 

 

このブログをお欄になっている参加者の方々いらっしゃるので、これから本番までに皆さんが注意し、頑張る事をここでお浚いしたいと思います。

 

1、日本舞踊の楽しみ方を自分なりに発見し、たのくさん楽しむこと

2、日本舞踊を「踊る」というイメージを大切にすること

3、連れてきてくれるお父さんやお母さん、その他周りの方への感謝の気持ちを大切に残りのお稽古時間を過ごすこと

4、自分自身が「参加してよかった」「頑張ってやることが出来た」などの達成感が得られるよう取り組むこと

5、腰を下げ、重心を低くしたくさん動く事

 

これらの事を皆さんが集中して出来るよう、私たちも精一杯サポートしていきますので、残りも少なくなっては来ましたが、一緒に頑張っていきましょうね\(^o^)/

 

番外編として

 

実は金曜日、今回お稽古に参加できないお子様たちが自主的にお稽古に参加しました!

 

 

発表会へ向けてこうしてお稽古に積極的になってくれて本当に嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

日本舞踊ココロの教室で伝えたいこと

第六回日本舞踊ココロの教室を開催いたしました。

六回というと、皆さんとご縁を頂いて早二か月となります。参加者の皆さんもお稽古のスタイルや、私達そして空間になれ、笑顔を見せてくれる機会も少しずつ増え、一つ一つの動作も大変スムーズになってきます。その反面、つい集中が切れてしまい少しだらけてしまうなどの様子が見れ、保護者の方々からも「うちの子この状態で本番を迎えるなんて大丈夫なんですか?」などのご相談をいただく事も出てきます。しかし、そんな時こそお子さん達を信じてあげていただきたいのです。お子さん達は遊びの天才!そしていざという時の集中力は本当に素晴らしいものがあるからです!今日は教室の様子をご紹介しながら、ココロの教室を通し私が伝えたいことも少しだけご紹介していきたいと思います。

 

 

 

どちらの教室も着付けを始め、お稽古の準備も大変スムーズに出来るようになって来ました!そして何より、教室に入ってきてからのご挨拶、お稽古始めのご挨拶もはじめの時とは大きく進化し、とてもハッキリ出来るようになってきています。ご挨拶の号令も私がその日その日でどなたかにお願いをするのですが、しっかりと号令をかけてくれるようになり、お蔭でみんなが揃ってご挨拶が出来るようになって来ているのだと思います。

 

 

お母さんに着付けを手伝っていただくこの時間もまた、伝統文化親子教室事業としてはとても大切にしたい時間だと私は感じています。

 

 

 

 

踊りの手順も自発的に動ける部分が増え、一つ一つのカタチもハッキリしてきています。ここまでくればあとは微調整。

 

 

一つ一つの動きを自信をもって動けるために、不安なところ、分からないところを明確にし、周りの方との違いや、そろえるために必要な事を一緒に考えていく作業となります。実はココロの教室ではあまりカタチや動き方などの細かいことをこれまではお話をしていません。それでもお子さん達は自分で感じ、自分で考え、工夫をし、皆さんに見ていただいているようなカタチが出来るようになって来ています。そこに残りの回では私たちが皆さんの見落としているところなどのお話を加え、それぞれに修正をしていただきます。

本来、基礎や基本と言われるものを説明し、それらを覚えていただく為のお稽古をすると言うことが主流かと思います。しかしながらあえてそのような説明に時間を使わず、一緒に動く中で皆さんに工夫をして頂いているわけです。それは何故かというと、「自分なりに楽しんでいただきたいから」です。

 

 

「楽しい」にはもの凄い力があると私は考えております。皆さんもご存じの通り

「楽しい」時間は「短く」

「つまらない」時間は「長く」

感じてしまうもの。それは集中力に直接影響を与えているからだと思います。

 

 

「楽しむ」ことで集中力が増し、覚える、感じる、考えるという事の力が発揮されるのであれば、楽しまないなんてもったいないと思いませんか?

分かりやすいところでご説明すると、勉強が嫌い!覚えるのが苦手!というお子さんでも、大人の方でも、好きなゲームの事や趣味の事なら自然とたくさんの知識を身に着けることが出来るだけではなく、それらに費やす時間だって苦にはならないのだと思います。私はもっと昔に「勉強をもっと楽しめたら・・・」「学ぶ喜びを感じていたら・・・」なんて考えたりしています(^^;

 

 

ぜひ今回参加された皆さんには「笑顔の持つ力」「楽しむ」ということの力を感じ、そして知っていただき、それぞれが持つ個性、感性で日本舞踊を自由に楽しみ、どんな事でも自ら進んで挑戦し楽しむという事を大切にした時、皆さんのココロに新たな力が芽生えるのではないかと私は思っています。

 

 

少しずつ増えてきた笑顔の時間を大切にしながら、皆さんが「楽しい」と思える時間が少しでも増えるよう、発表会をより充実した時間に出来るよう、皆さんと一緒に考えていきたいと思っております。

 

 

第五回日本舞踊ココロの教室開催

土曜日は「日本舞踊ココロの教室」の日!

早いもので第五回目を迎え折り返しとなりました。今回もまた素敵な笑顔をたくさん見せてくれました(^^♪

それでは早速、皆さんの頑張りをご紹介していきたいと思います。

 

郡山教室

 

 

既に皆さん自分で着付けが出来るようになってきたのですが、とても素敵な写真が撮れましたのでご紹介。お子さんの一生懸命な表情って本当に元気が頂けますよね!

 

 

暑い日々が続いていることから、熱中症対策として水分補給の時間をこまめにとり、時間を短縮しての開催となりましたが、お子さん達は本当に元気!暑さなんてどこ吹く風。一生懸命集中した時間を過ごしています。

 

 

今回は課題曲「さくら変奏曲」の後半、移動やフォーメーションをお稽古しました。前後の入れ替わりや輪になったりと、今回のお稽古でしっかりとマスター出来るか少しだけ不安もありましたが、皆さん驚きの速さでマスター!

 

 

この曲の最後の難関はお終いに決まるポーズ!実は昨年もそうだったんですが、最後の決まりはお子様が自分で考えます!これを8月までの宿題として課題曲「さくら変奏曲」のお稽古を終了!みんながどんなカタチを考えてくれるか、楽しみでなりません!

 

 

続いて課題曲の二曲目「花ばたけ」こちらは須賀川教室と合同の総踊りとなります。この曲の出来栄えによってオリジナルの課題曲三曲目に挑戦するかどうかが決まります!その旨を皆さんにお伝えしているからか、皆さんの集中は一段と増しています!どうやらその三曲目に挑戦するのが楽しみなようで、本当に皆さん凄いんです!2回目のお稽古だというのに立ち止まることなく一緒に踊れるようになりました!

 

 

お子さん達の真剣な眼差しに私たちも刺激を受けながらの集中した時間が流れます。

 

 

お子さん方の真剣な表情を見ると、やる気がわいてきませんか?

真剣な時間が続いたので、最後は笑顔の練習!どうしても真剣にお稽古を続けていると「楽しむ」という事を忘れてしまうんですよね。真剣な事が悪いわけではないですが、「日本舞踊ココロの教室」は「楽しむ心」もまた大切にしていただきたいのです。顔がこわばってしまうと体もまた緊張状態となり、動けなくなってしまう事があります。笑顔になる事で脳は「楽しむ」という工夫を始めたりもするんです!なのでまず初めは笑顔の練習!

 

 

皆さん本当に素敵な笑顔を見せてくれました✨お子さん達の笑顔は沢山の力を私達大人に与えてくれますよね!発表会でみなさんの頑張る姿、たくさんの笑顔が多くのお客様のココロにたくさんの力を与えてくれるよう、一緒に頑張ってお稽古をしてまいりたいと思います。

 

 

最後は、自ら進んでお稽古した会場の後片付けに協力したくれました。この気持ちがとても嬉しかったです。後片付けにご協力くださいました参加者の皆さん、保護者の皆さん本当にありがとうございました<m(__)m>

 

続いて午後は須賀川教室

 

 

こちらもまた着付けがスムーズに!

 

 

帯の結びもこの通り!お子さん達の成長スピードには頭が下がります。

 

 

須賀川教室もまた課題曲の二曲を覚えなくては三曲目に挑戦が出来ないため、皆さん本気です!こちらの教室では今回も二列に分かれお互いの踊りを鑑賞しました。

 

 

だいぶ皆さんが自発的に踊れるようになってきましたので、次回からは細かい動きや、カタチなどの手直しの段階に入れそうです!

 

 

前回の参加者も多い須賀川教室では、その皆さんが初めてのお友達の見本となり、上手にみんなを引っ張ってくれています。

 

 

その皆さんの頑張りもあり、初めての皆さんが不安になったり、おどおどせず挑戦できるのは、間違いなく同世代の参加者の皆さんの力だと私は思っております。

 

 

そして、高学年のお姉さん。須賀川教室は人数も多いため、郡山教室とはまた違ったフォーメーションや動きが組み込まれています。それを初参加ではございますが、高学年のお姉さんチームが上手に他の子たちをリードしてくれているおかげで、私の「少し難しいかな?」という不安を吹き飛ばしてくれました!

 

 

それに続き、みんなが一生懸命自分の持てる力を発揮し知てくれるお蔭で、須賀川教室も無事に三曲目に挑戦していけそうです!

 

須賀川教室の皆さんも一生懸命なせいか、表情が硬くなってしまう部分もあり、みんなで考える時間を設けました。お題は「発表会で踊るにあたり大切な事」お子さん方からはとても嬉しい回答が多数上げられました!その中の一部を紹介したいと思います。

「楽しむこと」

「自信を持つこと」

「笑顔」

です。誰一人として「間違わない事」「上手に踊る事」という答えを上げるお子さんはいませんでした。大人の私ならつい上げてしまいそうなのが先に挙げた「間違わない事」「上手に踊る事」なのですが、このお子さん達の「考え方」は本当に素晴らしいことだと思います。以前私が読んだ本の中にこのような言葉があったのを覚えています(本のタイトルが思い出せないので申し訳ありませんが言葉だけご紹介させていただきます)

 

人生は掛け算

人生がよくなるかどうかは

「考え方」×「熱意」×「能力」で決まる

人生で大切なのは

生まれ持った「能力」よりも「考え方」

 

という言葉を目にしたことがありました。

 

 

子供さんたちが挙げてくれた言葉はまさしくポジティブな「考え方」でした。

きっと須賀川教室の皆さんには人生を豊かにする能力が備わっているのだと思います。

 

その素晴らしい「考え方」と

日本舞踊に挑戦しようと思ってくれた「熱意」

そしていつも一生懸命頑張る「能力」

 

で発表会でも素敵な舞台を創り上げていってくれるものだと思います。

私達も皆さんの力になれるよう微力ながら精一杯のサポートをしてまいりたいと思っておりますので、残りの五回、そして発表会とどうぞ宜しくお願い申し上げます。今回は皆さんの素敵な力で私たちに刺激を下さり、本当にありがとうございました!

第四回日本舞踊ココロの教室開催

昨日は日本舞踊ココロの教室の第四回目を開催させていただきました。

先月の第三回より間が二週間空いてしまった事もあり、皆さん覚えていてくれているのかと少しドキドキの開催となりました。しかし、お子さん達はいつもいい意味で予想を裏切っていてくれました!そんな第四回目の日本舞踊ココロの教室をご紹介していきたいと思います。

 

まずは郡山教室

 

 

自分で帯が結べていました!

 

 

次に開始時間まで少し余裕があったので、ホワイトボードに私が課題曲の振り書きを書き始めると、着替えを終わったお友達が興味津々でホワイトボードの前に集合。

 

 

謎の暗号を前に「あれはあそこのカタチかな?」?なんてお話をしています。間が二週間空いていたにもかかわらず、お子さん達がそんな会話をしていることがとても嬉しく感じていました。

 

 

手順がわかってきたものから、「踊る」という事に集中をするというお稽古が始まりました。

 

 

前回までは私の動きを見よう見まねで動いていた皆さんですが、日本舞踊は身体全身を使い、「踊る」事が大切で、それらが自己表現に繋がっていくというお話をさせていただきました。

 

 

さすが呑み込みの早いお子さん達!みるみる表情や動きなどが変化していきます。

 

 

今回が第四回目という事もあり、今後の予定や課題曲についてのお話もさせていただいたところ、お子様たちの新たなスイッチが入ったようで、気温も暑く大人でもだらけてしまいそうな中、とても集中してお稽古に励むことが出来ました。

 

 

課題曲二曲目のお稽古の前にお扇子の扱い方などの確認も済ませ、一生懸命一時間半お稽古に励みましたよ!すべてのお稽古が終わり、質問のある子、わからないことがある場合は質問をしてくださいとお話をしたところ、それぞれが疑問に思っていること、出来ないことなどを聞きに来てくれたお子さんがいたことがとても嬉しく、皆さんがこれから残り6回という時間の中で大きく変化してくれる可能性を感じさせてくれた瞬間でした。

教室終了後には保護者の方々が会場の片付けなどにもご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。

 

続いて須賀川教室

 

 

こちらの教室も多くのお子さんが自分で帯を結んだりと間が空いていたことを感じさせないくらいスムーズに支度が出来ました!

須賀川では「きうり天王祭」という夏のお祭りがあったため、開催前にお稽古が終わったらお祭りに行くのか聞いてみたところ、さすが地元のお祭りなだけに、ほとんどのお子さん達がお祭りに行くとのこと。お稽古よりもお祭りが気になって仕方がない様子のお子さん達でしたが、いざお稽古が始まると真剣な眼差しに!

 

 

こちらの教室もまた、皆さんがしっかりと覚えていてくださったお蔭でとてもスムーズにお稽古が進みました!

 

 

須賀川教室でもまた身体全身を使って「踊る」というお話をさせていただいたところ、それぞれが一生懸命体を使いみるみる変化を見せてくれました。

 

 

時よりお祭りが気になった様子で、少し集中が途切れる様子もありましたが、それでも皆さん一生懸命お稽古に励んでいましたよ!

 

 

手順もだいぶスムーズに出来るようになってきたので、次回からはもっと動いて楽しんでもらえるよう私たちもサポートしていきたいと思いす。

 

 

須賀川教室でも、列毎に分かれプチ発表。不思議と見ている人がいるのといないのとではお子さん達も違うんですよね!

 

 

 

休憩時間には皆さんが普段聞いている音楽などの話も伺いTWICEのTTのダンスまで見せていただきましたよ!

意外に多くお子さん達が踊れることにビックリ!!

 

 

 

お祭りという事もあり、須賀川教室では全体でのお稽古を少し短縮して開催させていただきましたが、お時間の許す限り個人個人の出来ないところの質問を受け付けますとお話をさせていただいたところ、いくつかの疑問点などを質問してくださったお子様もいたことが嬉しく、私自身大変刺激になりました。

 

間もなく折り返しとなりますが、それぞれの性格や傾向などを見せていただき、みんなが楽しんでお稽古、そして発表会を迎えられるよう私たちも出来る限りお一人お一人と真摯に向かい合いながら残りのお稽古をすすめてまいりたいと改めて感じさせて頂ける第四回となりました。いつも私に刺激や学びの機会を与えてくださる参加者の皆さん本当にありがとうございます。より充実した「日本舞踊ココロの教室」になりますよう、努めてまいりますので、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

お稽古が終わり、合間の時間を使って我が家でも「きうり天王祭」に少しだけお邪魔しました。

 

 

皆様、暑い日々が続きますのでどうぞ体調など崩しませんようご自愛くださいませ。

 

 

第三回「日本舞踊ココロの教室」

昨日は第三回「日本舞踊ココロの教室」郡山・須賀川教室を開催しました!

10時からの郡山教室ですが、皆さん9時半頃には集まり、自分達で着付けをします。

 

 

今回のココロの教室の発表会では、自分達で着付けをする事を目標としています。

その為、保護者の方々にもご協力をいただき、お子様方の着付けのサポートをお願いしております。

 

 

保護者の方に手伝っていただきながら、真剣な眼差しで帯の結びに挑戦!

 

 

時には笑顔で

これもまた親子教室事業にて大切にしたいひと時です✨

 

着付けが終わると、開始時間までは日本舞踊鑑賞

今回は長唄「操り三番叟」です。人形振りの踊りにお子様たちも興味津々

 

 

どうやってあんなに跳べるのか?との質問に実際に挑戦してみましたよ(^^♪

 

 

日本舞踊をそれぞれが楽しんでもらえるよう、色々な事に挑戦していきたいと思います。

 

 

ご挨拶から

 

 

立ち座りなどの基本動作を確認

 

 

歩き方等も確認して、課題曲のお稽古に入りました。

一つ一つの動きを確認しながら

 

 

前回よりもスムーズに動けるようになってきました。

みんなとても一生懸命にお稽古をしてくれています。

 

 

出来る事ならみんながもっと笑顔で楽しんでくれたら・・・

これは私達の課題の様です(^^;

 

 

最後に課題曲の二曲目をみんなで鑑賞して、一緒に着物のたたみ方を練習をして終了。

とても一生懸命にお稽古をしてくれている郡山教室。

もっと皆がワクワクした気持ちで取り組んでいただけるように出来たら、また違った空気になっていくのかな?なんて考えております。私たちも皆さん一人一人とコミュニケーションをとりながら一緒に楽しんでいけるよう、次回まで考えてみようと思います。

 

午後は須賀川教室

 

こちらも時間前には集合し、自分達で着付け

 

 

しっかりと整列をし、お稽古の内容からお話をします。

 

 

お辞儀の仕方も綺麗に出来ています。

もっと綺麗になっていくように、みんなで工夫していきましょうね!

 

 

皆さん課題曲一曲目をだいぶ覚えてきているようなので、早速、音をかけての練習

 

 

次の課題は腰の位置を日本舞踊らしい位置に下ろしていくことですね!

 

 

そして今回は新しいことに挑戦!各列毎にプチ発表。

こうして見ていただく事に対しての意識、人の踊りを見る事によって、見る人々の視線などを学びそれぞれが修正をしていきます。

 

 

それぞれが緊張の中、しっかりと踊れることも確認が出来たので、

須賀川教室は課題曲二曲目に突入!!

 

 

今回のココロの教室も昨年同様、課題曲2曲とオリジナル曲1曲を予定しているため、急ピッチで進んでいるのですが、お子様たちの吸収の速さ、集中力には本当に驚かされます。

 

 

なんと、課題曲二曲目の三分の一まで挑戦することが出来ましたよ!

 

最後は、ココロの教室で初めに掲げたポジティブワード「ココロのことば」にちなんで「言霊」のお話

 

「言葉には魂がある」というお話です。

きっとこれからお稽古を続けていく中で大変なこともたくさんあると思います。

「ココロの教室」意外にも自分の夢やお友達の事、家族のことなど、様々な事があるお思います。

そんな中、夢が実現するか、幸せになれるかなどの様々な事を最後に決めるのは自分だと私は考えているかです。

だからこそ、普段使う「言葉」「ココロのことば」「心の声」を大切にしていただきたいのです。

 

不思議な事に、「これはつまらない」と決めてしまうとココロは「楽しい」を探すのを辞め、どんどんつまらなくなることを探し始めます。「夢は叶う」と心に刻み信じることが出来れば、どんなにつらい時も、「夢が叶う為の方法」「夢を叶える為に必要な心の準備」など自分にプラスになる事を探してくれます。その逆もあり「夢は叶わない」と思い始めると、「夢を諦める為の理由探し」が始まってしまいます。

実はここ数年お子様達と接する機会を頂けることが増えたこともあり、私は昨年、心理カウンセラーや家族療法、お子さん達を対象としたカウンセリングなどの資格を習得しました。「日本舞踊ココロの教室」に参加してくださった皆さんには、日本舞踊を知り、楽しんでいただく事を大切にしていきたいと思っております。それと同時に、日本舞踊にチャレンジしようと思ってくださった皆さんだからこそ、日本舞踊に限らず、ご自身の夢、皆さんがより幸せになるようなココロの成長を一緒に考え、一緒に身につけていけてらと私は考えています。

気が付けば、既に「日本舞踊ココロの教室」も3分の1を終え、あっという間に発表会を迎えることと思います。限られた時間ではありますが、お一人お一人と少しでも多くコミュニケーションをとりながら、皆さんが楽しんでいただけるよう、ご家族の方がお子様方の変化を感じられるよう私たちなりに精一杯サポートしていきたいと考えておりますので、来月からもどうぞよろしくお願い申しげます。